現在の閲覧者数: 狸小路商店街 -サイ(゚∀゚)タマ!!- 雨垂れ殺生石
FC2ブログ

狸小路商店街 -サイ(゚∀゚)タマ!!-

東方プロジェクトとサイ(゚∀゚)タマ!!県を斜め下から眺める場所


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 今更ながらに地霊殿とか。  TopPage  価値無き要塞 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.07.20      編集

レス返信のみ更新

拍手レスありがとうさまです。

匿名様(07/13 20:41)
>雨の神社は幻想的ですよね

御同意くださいましてありがとうございます。
特に梅雨の終わり頃が好きですね。
暑くもなく寒くもなく、緑も綺麗で。



216様(07/20 00:24)
>なんか書き込み制限を受けてるみたいなのでコチラにて… 
>復帰の挨拶の機を逸してしまってごめんなさい・・
>今更ながら復帰おめでとうございます。 
>近頃自分も1週間が3時間ぐらいというのは同じような
>事を感じている次第です…

あわわわわ、ごめんなさいorz
せっかく再開に祝辞をいただけたのに何たる非礼を(ノд`)
ご不便おかけしまして、心よりお詫び申し上げます。

どうにも最近業者から目をつけられたみたいで、
いくつかホストをまとめて規制しております。

.ap.yournet.ne.jp
.p-osaka.nttpc.ne.jp
.osk.mesh.ad.jp

内訳はこんな感じです。
他のホストでも、もし誤爆規制がかかっている場合は
ご連絡を、ってコメント欄だけで言ってもダメか。
近いうちに更新とともに皆様にも連絡しますね。

>時間
たーすけて咲夜さーん(ノд`)
またクーリエ絵板に描きたいなぁ。

2008.07.21   SEVEN OUT   編集

これはケモノ率の高い妖孤の藍様!!
それでいて御揚げがまた茶目っ気があって良いですね!
そして足元の方に目が行ってしまいますっ!

霧掛かった山林はより山林の深さを想像させるような感じがして神秘的で良いと思いました。
それにしても土や緑、硫化水素の匂いまで伝わってきそうな写真の数々、SEVEN OUTさんは写真の撮り方が上手ですね。
見ていると本当に行った気持ちになれます。

サイ(゚∀゚)タマ!!ですが家の近くには氷川神社という神社がありますね。大宮公園駅の近くにあるのですが家から15分と本当に近く、毎年初詣に行っています。ちょっとマイナー過ぎでしたねw

2008.07.22   かじき   編集

>かじき様
いらっしゃいませ、いつも有難うございます。
ケモノスキーなので、わりとモサモサしてるのも大好物なのです。
もちろんモフモフしてるのも大好物です。

>写真
お褒めに預かり光栄に御座います。
でも理想とする境地にはまだまだまだ(ノ∀`)
写真なんてボタン一つじゃーん、と思っていた時期が
僕にもありました。
自然の美しさ、悠久の時が磨き上げたその一瞬間を切り
取る事の難しさ、やはりその道のプロが居る道はどんな
所でも険しく遠いですな。

と、携帯のカメラで撮影してる私なんてその入り口にも
立ててませんが(ノ∀`)

>お氷川さま
まって!
確かに全国区ではマイナーかもだけど、一応武蔵の国の
一宮なのです(ノд`)
由緒ある大社様なのですよ。

……と、いいつつ私もまだ行ったことないんですけどね(・∀・;

しかし、かじきさんはケンチョーさんに御住まいでしたか。
良いところに御住まいですなー。


(拍手:07/22 01:52 桜巡りしろう様)
>ぎゃわわ~っと原稿中なので短く。
>藍様ゆかりの殺生石ぶらぼ!
>本当は際限なく語りたいこの情熱を、今は原稿にぶつけて
>おきますが、本当は東方にハマるより前からずっと行きたいのに
>行けない分SEVENどんのブログに癒されます!
>いつも素敵な遺跡巡りをありがとうです!
>ともあれお身体にはお気をつけて。
>これからも時折更新されるのを楽しみにしておりまする。
>でわわ

いらっしゃいませー、有難う御座いますー。
こちらはイベントに参加できる桜巡りさんが羨ましいです~。
わんわん椛×乙女ちっく早苗さん。
楽しみです、原稿頑張って下さいね。

遺跡巡り、楽しんで頂ければ幸いです。

これからも思い出したように更新して行きますので、
たまに覗きに来て下さいねー(^ヮ^)ノシ

2008.07.30   SEVEN OUT@店主   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://tanukikouji.blog111.fc2.com/tb.php/48-266c39e6


雨垂れ殺生石

ご無沙汰しすぎて申し訳ありません。
一週間がまるで三時間くらいに思えます、SEVEN OUTです。

時の流れが速すぎて、涙こぼれてしまいそうで
外は月の光が切なくて、ここで歌っている。

ドラゴンアッシュで一番好きな歌です。
百合の花咲く場所で。
でも時の流れが速すぎて泣いてる暇も歌う暇もありませんorz

さて今週のたぬきさんは関東に帰ってきたのならではの幻想見聞録。
まずここは絶対に行きたかった栃木県は那須、殺生石の御紹介。

実際に行ったのは先々週になりまして、まあ時期が時期なだけに雨水の
避けられぬ雨天行になったわけですが、しかし大丈夫、家に帰れば車が
あるので嵐の中でも輝いてその夢を忘れないって寸法なのですよ。

ええ、雨風恐れぬ単車乗りの誇りは若さと供に失いました。

金毛白面伝説

生殺石といえば、かの大妖獣、中国、印度、そして日本に渡り権力者に
取り入り、その美貌で国を混乱させたと言う伝説の九尾狐、金毛白面の
いける屍でございますな。

この地に討たれて尚その屍を石に変え、周囲に毒ガスを撒き散らし続ける
その脅威、この草木の一本も生えぬ賽の河原と呼ばれる地を見ていただけ
れば一目でお分かり頂けますでしょう。

犀の河原

・・・・・・写真、ボケてて良く解らないですねorz

まあそんな訳で、今回のテーマは伝説の九尾狐金毛白面を尋ねる旅ですので、
イメージカットは当然の事ながらこの御妖。

九尾藍

藍様・・・・・・ですよ?

店主、どうしても藍様はプリチーな狐娘さんのイメージが強いのですが、今回は
伝説の大妖狐としてのイメージなので、精一杯バケモノバケモノさせてみました。
が、やっぱりイメージも大切にしたいので、御揚げさんを咥えさせてみたりw

温泉神社

殺生石は、那須温泉の湯元、その地に沸く温泉を祭る、その名も温泉神社の
奥にあります。
この温泉神社、その安直な名前から、よくある温泉バブルに乗って地元の商工会が
勝手に建立したモニュメント的神社かと思ったらちと甘い。
この那須の地は、源平合戦のおりに八島の合戦で浮かぶ船にたてられた扇を射抜いて
見よという平家の挑発に応じ、見事にその根元を射抜いたという那須与一の故郷では
ありますが、その那須与一が源氏方についたきっかけとなったのが、この那須温泉神社
に必勝祈願に来ていた源義経と出会い、従軍の約束をした、という伝説の残る神社で
あります。

素敵な参道0

それだけの古社であるこの神社、参道の雰囲気もなかなか。

素敵な参道

ふと脇に目をやれば苔むした森の中に小さくも古めかしい社が点在。
当日の雨がより神聖的な雰囲気を演出してくれてました。
実は山林の中にある神社は、少し天気が悪いくらいの方が、参拝するには良い。
店主はそう思うところがありますが、皆様いかがでしょうか?

温泉神社本宮

こちらが温泉神社の本宮、先述しました源義経と那須与一の故事から、必勝祈願の
御利益もあるとされております。
そしてこの本道の横に小さく併設されておりますのがこちら。

九尾狐稲荷神社

九尾稲荷神社で御座います。

九尾狐稲荷本宮

本来お稲荷様と九尾狐はご縁のない存在であり、そもそもお稲荷様本尊は狐ではないの
ですが、悪玉とは言え天下にその名を轟かせた大妖狐ともなれば、同じく正一位を授かる
存在に不足無しという事でしょうか。

殺生石


その温泉神社、九尾狐稲荷のある境内の横手から奥にのびる細道を進み、そのつき
あたりにありますのがこの殺生石でございます。
似たような大きさの岩が傍にあるのでどっちなのか迷いましたが、おそらく注連縄で封印
されているのがターゲットでしょう。
あたりは色々と有名になってしまった温泉ガス、微弱な硫化水素が常に発生しているのか
実に温泉臭く、長くこの場には留まらぬ様との看板もありました。

九尾狐伝説の謂れは、おそらくこの地に人を近づかせぬためのものであったと思いますが、
この荒涼とした斜面に野晒すその禍々しい岩の迫力は、確かに伝説の大妖の面影を今に
伝えていますね。


さて、京都では来週祇園山鉾でございますな。
ことしは宵山も巡航も平日なため、行かれる方は少ないと思いますが、逆に今年が
チャンスとも言えますね。
店主も、こころの底から行きたいです。また祇園囃子が聞きたいです。
いつか再訪を夢に見て。

そんなところで、今日の商店お開きとさせていただきます。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

<< 今更ながらに地霊殿とか。  TopPage  価値無き要塞 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.07.20      編集

レス返信のみ更新

拍手レスありがとうさまです。

匿名様(07/13 20:41)
>雨の神社は幻想的ですよね

御同意くださいましてありがとうございます。
特に梅雨の終わり頃が好きですね。
暑くもなく寒くもなく、緑も綺麗で。



216様(07/20 00:24)
>なんか書き込み制限を受けてるみたいなのでコチラにて… 
>復帰の挨拶の機を逸してしまってごめんなさい・・
>今更ながら復帰おめでとうございます。 
>近頃自分も1週間が3時間ぐらいというのは同じような
>事を感じている次第です…

あわわわわ、ごめんなさいorz
せっかく再開に祝辞をいただけたのに何たる非礼を(ノд`)
ご不便おかけしまして、心よりお詫び申し上げます。

どうにも最近業者から目をつけられたみたいで、
いくつかホストをまとめて規制しております。

.ap.yournet.ne.jp
.p-osaka.nttpc.ne.jp
.osk.mesh.ad.jp

内訳はこんな感じです。
他のホストでも、もし誤爆規制がかかっている場合は
ご連絡を、ってコメント欄だけで言ってもダメか。
近いうちに更新とともに皆様にも連絡しますね。

>時間
たーすけて咲夜さーん(ノд`)
またクーリエ絵板に描きたいなぁ。

2008.07.21   SEVEN OUT   編集

これはケモノ率の高い妖孤の藍様!!
それでいて御揚げがまた茶目っ気があって良いですね!
そして足元の方に目が行ってしまいますっ!

霧掛かった山林はより山林の深さを想像させるような感じがして神秘的で良いと思いました。
それにしても土や緑、硫化水素の匂いまで伝わってきそうな写真の数々、SEVEN OUTさんは写真の撮り方が上手ですね。
見ていると本当に行った気持ちになれます。

サイ(゚∀゚)タマ!!ですが家の近くには氷川神社という神社がありますね。大宮公園駅の近くにあるのですが家から15分と本当に近く、毎年初詣に行っています。ちょっとマイナー過ぎでしたねw

2008.07.22   かじき   編集

>かじき様
いらっしゃいませ、いつも有難うございます。
ケモノスキーなので、わりとモサモサしてるのも大好物なのです。
もちろんモフモフしてるのも大好物です。

>写真
お褒めに預かり光栄に御座います。
でも理想とする境地にはまだまだまだ(ノ∀`)
写真なんてボタン一つじゃーん、と思っていた時期が
僕にもありました。
自然の美しさ、悠久の時が磨き上げたその一瞬間を切り
取る事の難しさ、やはりその道のプロが居る道はどんな
所でも険しく遠いですな。

と、携帯のカメラで撮影してる私なんてその入り口にも
立ててませんが(ノ∀`)

>お氷川さま
まって!
確かに全国区ではマイナーかもだけど、一応武蔵の国の
一宮なのです(ノд`)
由緒ある大社様なのですよ。

……と、いいつつ私もまだ行ったことないんですけどね(・∀・;

しかし、かじきさんはケンチョーさんに御住まいでしたか。
良いところに御住まいですなー。


(拍手:07/22 01:52 桜巡りしろう様)
>ぎゃわわ~っと原稿中なので短く。
>藍様ゆかりの殺生石ぶらぼ!
>本当は際限なく語りたいこの情熱を、今は原稿にぶつけて
>おきますが、本当は東方にハマるより前からずっと行きたいのに
>行けない分SEVENどんのブログに癒されます!
>いつも素敵な遺跡巡りをありがとうです!
>ともあれお身体にはお気をつけて。
>これからも時折更新されるのを楽しみにしておりまする。
>でわわ

いらっしゃいませー、有難う御座いますー。
こちらはイベントに参加できる桜巡りさんが羨ましいです~。
わんわん椛×乙女ちっく早苗さん。
楽しみです、原稿頑張って下さいね。

遺跡巡り、楽しんで頂ければ幸いです。

これからも思い出したように更新して行きますので、
たまに覗きに来て下さいねー(^ヮ^)ノシ

2008.07.30   SEVEN OUT@店主   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://tanukikouji.blog111.fc2.com/tb.php/48-266c39e6




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。